【コメント】講談社Birth | 『浜村渚の計算ノート 2さつめ ふしぎの国の期末テスト』 北山猛邦のコメント

2010.07.21 20:00|コメント
講談社Birth | 『浜村渚の計算ノート 2さつめ ふしぎの国の期末テスト』 北山猛邦のコメント
★上のページのイラスト右側の「北山猛邦さんからコメントをいただきました!」をクリックするとコメントが読めます。(2013/11/3リンク切れを確認)

北山猛邦さん コメント
『浜村渚の計算ノート』シリーズの優れた点は、絶妙なバランスにあると思います。とっつきにくい数学の問題が、物語上の事件に絡めて、わかりやすい謎として提出されるので、読者は難しい専門用語や数式に悩まされることなく読み進めることができます。そして事件が解決する時、読者は「解が導かれる」楽しさを知ることになるでしょう。これは数学の楽しさでもあり、ミステリの楽しさでもあります。
数学問題としてあまりに専門的になりすぎれば、拒否反応を示す読者は多くなるでしょう。ミステリも同様で、専門的になりすぎれば間口を狭めます。「むずかしい」と「かんたん」、数学とミステリ、これらのバランスをとるのは容易ではありません。けれども『計算ノート』には、浜村渚という可愛らしい中学生の女の子によって導かれたすべての公約数が書かれているのです。

★『浜村渚の計算ノート 3さつめ 浜村渚の水色コンパス』には「『プラトン立体城』殺人事件」というお話が入っています。北山猛邦氏と佐藤友哉氏にインスピレーションをもらって書いたそうです。(あとがきより)


テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌

タグ:北山猛邦

| 2010.07 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

tanato

Author:tanato
北山猛邦の情報を集めています。情報提供歓迎します。

ミステリについてもあれこれ書けたらなあと思っています。

【アンケート実施中!】
あなたの好きな北山猛邦作品は?
 回答を見る
あなたの好きな北山猛邦作品は?(短編)
 回答を見る
あなたの北山猛邦作品はどこから?
 回答を見る


このブログについて
北山猛邦情報twitter(@_ClockEnd)
管理人twitter(@_tanato)

ミステリ作家北山猛邦のサイン - Togetterまとめ随時更新中

Amazon-北山猛邦

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ