スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【評論】自動人形の怪/ゴーレムから『黒死館』、そして北山猛邦まで-井辻朱美

2006.02.24 20:00|関連・評論
自動人形の怪/ゴーレムから『黒死館』、そして北山猛邦まで-井辻朱美
白百合怪異研究会編集 児童文学の異界・魔界(てらいんくの評論)p109-140

★図書館で借りられたので読んでみましたが、大事なネタをものすごく雑にバラしていて酷いです。
ギロチン城だけでなく、占星術、曲がった蝶番、ホームズの短編、などたくさんネタバラシしています。
タイトルに北山猛邦が入っていたので、記事にしてみましたが、北山猛邦を目当てにこれを読むのははっきりいってお薦めしません。

【関連記事】
【長編】『ギロチン城』殺人事件
【長編】『ギロチン城』殺人事件(文庫版)
【長編】『ギロチン城』殺人事件(Kindle版)


スポンサーサイト

テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌

タグ:北山猛邦

| 2006.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

tanato

Author:tanato
北山猛邦の情報を集めています。情報提供歓迎します。

ミステリについてもあれこれ書けたらなあと思っています。

【アンケート実施中!】
あなたの好きな北山猛邦作品は?
 回答を見る
あなたの好きな北山猛邦作品は?(短編)
 回答を見る
あなたの北山猛邦作品はどこから?
 回答を見る


このブログについて
北山猛邦情報twitter(@_ClockEnd)
管理人twitter(@_tanato)

ミステリ作家北山猛邦のサイン - Togetterまとめ随時更新中

Amazon-北山猛邦

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。