スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【長編】『アリス・ミラー城』殺人事件

2003.05.07 20:00|長編
『アリス・ミラー城』殺人事件 CHESS END 講談社ノベルス(2003/05)

【内容紹介】
 ルイス・キャロルの作品にちなんだ不可解な城に探偵たちが集められた。ある者は密室状況下、巨大な鏡の上で顔を溶かされた死体となり、ある者は合わせ鏡の部屋で殺され、犯人は目撃者の眼前で消失する。館内のチェス盤からは殺人の度に駒が一つずつなくなって……。不可能犯罪に込められた驚くべき思念とは!

【帯文】
『そして探偵は誰もいなくなった』

密室、人間消失、不可能犯罪のすべて!

【作者の言葉】

こちらの空はいつものように

澄んでいます。

――北山猛邦


【背表紙】
不可能犯罪の連鎖

【関連記事】
【長編】『アリス・ミラー城』殺人事件(文庫版)
【長編】『アリス・ミラー城』殺人事件(Kindle版)

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌

タグ:北山猛邦 城シリーズ

| 2003.05 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

tanato

Author:tanato
北山猛邦の情報を集めています。情報提供歓迎します。

ミステリについてもあれこれ書けたらなあと思っています。

【アンケート実施中!】
あなたの好きな北山猛邦作品は?
 回答を見る
あなたの好きな北山猛邦作品は?(短編)
 回答を見る
あなたの北山猛邦作品はどこから?
 回答を見る


このブログについて
北山猛邦情報twitter(@_ClockEnd)
管理人twitter(@_tanato)

ミステリ作家北山猛邦のサイン - Togetterまとめ随時更新中

Amazon-北山猛邦

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。