スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたにおすすめの北山猛邦作品は?(出だしの一文編)

2018.05.01 20:00|その他
北山猛邦を読んでみたい。でもどれから読んだらいいかわからない。そんなあなたに。
出だしの一文で選んでみませんか?

『クロック城』殺人事件(2002年3月)
 もう、少女はいなかった。

『瑠璃城』殺人事件(2002年7月)
「天国にも月はあるの?」

アルファベット荘事件(2002年7月)
 一九八二年の冬、僕は西ドイツのケルン駅にいた。

『アリス・ミラー城』殺人事件(2003年5月)
 午後三時を過ぎると雪が降り出した。

『ギロチン城』殺人事件(2005年2月)
首狩り人形
 モスクワのあるところに、人形をとても巧く作る男が住んでいました。

少年検閲官(2007年1月)
 彼女は窓の方を向いていた。

猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数(2011年12月)
 私は名探偵という存在に憧れ、名探偵として仕事がしたいと思っていた。

猫柳十一弦の失敗 探偵助手五箇条(2013年1月)
稲木村縁起
 その昔、日照りに悩まされる小さな村があった。

人魚姫 探偵グリムの手稿(2013年3月)
 それはあらかじめ終わりの定められた恋でした。

ダンガンロンパ霧切1(2013年9月)
 眠っている間に、涙をたくさん流したような気がする。

ダンガンロンパ霧切2(2013年11月)
 クリスマスのレストランでは、おめかしをした男女が窓際の席を埋め尽くしてディナーを楽しんでいた。

オルゴーリェンヌ(2014年11月)
 夜霧に紛れて私は彼女のもとへオルゴールを届ける。

ダンガンロンパ霧切3(2014年11月)
 新しい年の始まり。

ダンガンロンパ霧切4(2015年12月)
 もしも彼が過去を笑って話すような人間だったら、わたしは彼を許せなかったかもしれない。

先生、大事なものが盗まれました(2016年4月)
 入学式の朝に遅刻――

ダンガンロンパ霧切5(2017年3月)
 かつての自分と似ている――

ダンガンロンパ霧切6(2018年2月)
 現在――AM 06:30

 標的までの距離、292メートル

踊るジョーカー(2008年11月)
(踊るジョーカー)
「今、悲鳴が聞こえなかったか?」
(時間泥棒)
 上野アサヒは洗面所で洗顔をした後、タオルで顔を拭きながら、いつものように鏡越しに壁掛け時計を見ようとした。
(見えないダイイング・メッセージ)
 気づくと目の前に床があった。
(毒入りバレンタイン・チョコ)
 南大洋大学のA棟六階の研究室で、ゼミに参加していた女子学生が突然倒れ、意識不明になるという事件が起こった。
(雪だるまが殺しにやってくる)
 ついに雪が降り始めた。

密室から黒猫を取り出す方法(2009年8月)
(密室から黒猫を取り出す方法)
 あとはこの扉さえ閉めれば密室の完成。
(人喰いテレビ)
 私がその不気味な光景を見たのは、八月のじめじめとした夜のことでした。
(音楽は凶器じゃない)
 六年前の事件当日。
(停電から夜明けまで)
 七月の雷雨の夜、俺の住む屋敷が停電により暗闇に閉ざされた。
(クローズド・キャンドル)
 廊下の途中に、火のついた蝋燭が一本、ぽつんと立てられていた。

私たちが星座を盗んだ理由(2011年3月)
(恋煩い)
 三日も雨が続いている。
(妖精の学校)
 風にそよぐカーテンに頬を撫でられて少年は目を覚ました。
(嘘つき紳士)
 東京では四十六秒に一回救急車が出動する。
(終の童話)
 東の国の王が治める土地の片隅に、ガリカと呼ばれる村があった。
(私たちが星座を盗んだ理由)
 星座が全部でいくつあるか知っている?

人外境ロマンス(2013年6月)
(かわいい狙撃手)
 一目惚れは、ふわりと宙に浮く感覚に似ていた。
(つめたい転校生)
 隣のクラスに転校生が来た。
(うるさい双子)
 またいつもの夢だ。
(いとしいくねくね)
 いつのまにか部屋は真っ暗になっていたが、スタンドライトに照らされた原稿は真っ白のままだった。
(はかない薔薇)
 二週間前に発生した先端科学技術大学の教授殺しの件で目撃者が現れたと聞き、車井は捜査本部となっている会議室に駆け込んだ。
(ちいさいピアニスト)
 森の中には古ぼけた洋館があって、何年も前から人の住んでいる気配がなかった。

【単行本未収録作品】
廃線上のアリア(2004年11月)
 わたしが生まれたのは雨の日だった。

こころの最後の距離(2004年11月)
 何度死んでも東京に行くと決めた。

一九四一年のモーゼル(2004年11月)
 レニングラード郊外の町に『英雄』という名の酒場があった。

糸の森の姫君(2005年12月)
 屋敷のあらゆる場所に糸が張り巡らされていた。

透明な音(2007年1月)
 夜の森に降る小雨の音は、深海の静けさを思わせるほど、微かなざわめきでしかなかった。

ピストル・テニス(2008年4月)
――それは銃を持ち、テニスをしながら相手を射殺する、決闘の一種である――

KOBO CAFE殺人事件(2008年8月)
 中野ブロードウェイ四階にある喫茶店『KOBO CAFE』で男性の他殺死体が発見された。

磔アリエッタ(2008年8月)
 標高の高い位置に建つその高校は雨ともなるとたちまち濃霧に覆われる。

人形の村(2008年12月)
「初めに断っておくが、怪談めいた話になるぜ」

天の川の舟乗り(2009年2月)
 夏の終わりの夜でした。

怪人対音野要(2009年8月)
 チェシャ州チェスター郊外にあるバーンズ城は古城と呼ぶには見た目が新しく、現代にあってもなお廃れた気配はない。

さくら炎上(2010年2月)
 桜の下に陽子を見つけた。

コーカスレース(2010年4月)
 二十一世紀の後半に、実際に本の中に入って、物語の世界を楽しむための技術が開発された。

さようなら、ウサギ団(2011年10月)
「見ろ、気球だ!」

猫倫敦(2011年10月)
 冬になると砂浜に氷の塊が漂着するようになる。

てんちゅわうわう(2012年11月)
 村の夜空が赤く染まった。

孤島の灯かりが消えるまで 第一話(2015年4月)
 島の北端に建つ予備研究棟の灯かりは、どんな夜にも消えることはなかった。

孤島の灯かりが消えるまで 第二話(2015年9月)
「ちょっとこれを飲んでみろ」

ペンデュラム殺人事件(2016年10月)
名探偵・森澄コンは事件現場となったマンションを訪れた。

見返り谷から呼ぶ声(2017年8月)
 『見返り谷』――
 アイヌ語でラィポール(死の洞窟)と呼ばれ、
 冥界の入り口とされる洞窟が存在する。

千年図書館(2017年12月)
 夏至を過ぎても、村の北にある湖が凍ったまま溶けなかった。

今夜の月はしましま模様?(2018年4月)
 月面に謎の巨大結晶物体が飛来してからひと月――地球から見て上半分は肉眼でもわかるくらいしましま模様、、、、、、になっていた。
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌

タグ:北山猛邦

【短編】今夜の月はしましま模様?

2018.04.05 20:00|短編
今夜の月はしましま模様? 2018 Vol.1掲載(2018/4)

月面で原因不明の異変発生。
そんなとき、地球の小さな町に住む
俺の周りにも何だか奇怪な出来事が!?


by カエレバ

テーマ:ミステリ
ジャンル:小説・文学

タグ:北山猛邦

【長編】ダンガンロンパ霧切6

2018.02.15 20:00|長編
ダンガンロンパ霧切6 星海社FICTIONS (2018/2)

【内容紹介】
戦いは最終局面へ──最強のトリプルゼロクラス探偵ジョニィ・アープとの狙撃戦〈スナイピングバトル〉に霧切あやうし!

命をかけた死亡遊戯の先に、宿敵「犯罪被害者救済委員会」が立ちはだかる!

原作ゲーム『ダンガンロンパ』のシナリオライター・小高和剛からの直々の指名を受け、「物理の北山」こと本格ミステリーの旗手・北山猛邦が描く超高校級の■■、霧切響子の過去――。これぞ"本格×ダンガンロンパ"。


【帯文】
戦いは最終局面へーー
命がけの狙撃戦スナイピングバトルに霧切あやうし!
これぞ“本格×ダンガン”
「物理トリックの北山」の真骨頂、これが本格ミステリーだ


【関連記事】
【長編】ダンガンロンパ霧切1
【長編】ダンガンロンパ霧切2
【長編】ダンガンロンパ霧切3
【長編】ダンガンロンパ霧切4
【長編】ダンガンロンパ霧切5
【コメント】新刊メッセージ(ダンガンロンパ霧切1)
【コメント】新刊メッセージ(ダンガンロンパ霧切3)
【コメント】新刊メッセージ(ダンガンロンパ霧切4)
【イベント】小高和剛氏&北山猛邦氏トークショー@ダンガンロンパファンミーティング


ダンガンロンパ霧切 6 (星海社FICTIONS)
北山 猛邦,小松崎 類 講談社 2018-02-17
by ヨメレバ

テーマ:ミステリ
ジャンル:小説・文学

あなたにおすすめの北山猛邦作品は?(チャート編)

2018.01.08 20:00|その他
北山猛邦を読んでみたい。でもどれから読んだらいいかわからない。そんなあなたに。
チャートに「はい」「いいえ」で答えていくとおすすめの作品にたどり着きます。
参考にしてみてください。

あなたにおすすめの北山猛邦作品は?(Ver.2.1)
osusume_kitayama_Ver2_1.png

テーマ:本の紹介
ジャンル:本・雑誌

タグ:北山猛邦

【短編】千年図書館

2017.12.07 20:00|短編
千年図書館 メフィスト 2017 Vol.3掲載(2017/12)

西の果ての島には
恐ろしき伝説が残る
図書館があった。


by カエレバ

テーマ:ミステリ
ジャンル:小説・文学

タグ:北山猛邦

| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

tanato

Author:tanato
北山猛邦の情報を集めています。情報提供歓迎します。

ミステリについてもあれこれ書けたらなあと思っています。

【アンケート実施中!】
あなたの好きな北山猛邦作品は?
 回答を見る
あなたの好きな北山猛邦作品は?(短編)
 回答を見る
あなたの北山猛邦作品はどこから?
 回答を見る


このブログについて
北山猛邦情報twitter(@_ClockEnd)
管理人twitter(@_tanato)

ミステリ作家北山猛邦のサイン - Togetterまとめ随時更新中

Amazon-北山猛邦

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。